【Stinger5 forLadys】個別記事下に、SNSボタン付き「書いた人情報」を置いてみました。

 

「Stinger5 for Ladys」を使った雑記ブログを立ち上げた頃、いろんな人のブログを読んでいて、記事を読み終わったときに「書いた人情報」があるといいなと思っていたので、入れてみました。その方法を紹介します。
 

先に、Gush2風SNSボタンバーを作っておく

本記事は、こちらのカスタマイズをしてあることが前提となっています。

【Stinger5 forLadys】サイドバーにGush2と同じSNSボタンを置いてみたよ。

5月に立ち上げた雑記ブログでは、かわいいWordPressテーマとして有名な「Stinger5 forLadys」を使っています。さらさらぶろぐと同じSNSボタンをサイドバーに置いたので、その方法を紹

上記カスタマイズで作った「SNSボタンバー」を「書いた人情報」で呼び出して使います。

PHPに、「書いた人情報」用の記述を追加

「名前、プロフィール画像、SNSボタンバー」をセットにした「書いた人情報」をauthor.phpというファイルにして、それを、個別記事用PHP「single.php」で呼び出す形にしました。

書いた人情報のPHPファイルauthor.phpを作成

下記のコードを記述したファイル「author.php」を作ります。

【】で囲んでいるところ2箇所を自分用に書き換えてください。

参考までに、私の雑記ブログ(Loose Leaf)の場合を載せておきます。
【名前】=さらさらり
【画像ファイルのURL】=http://looseleaf.sara2jp.com/wp-content/uploads/2015/05/hiyo_150.png

author.phpを呼び出す記述を、single.phpに追加

今回は、ソーシャルボタンの下に、「書いた人情報」を表示するようにしました。
下記のように、「書いた人情報」を呼び出す1行(水色の行)を、ソーシャルボタン読み込みの下に入れます。

author.phpを、single.phpと同じディレクトリに置く

author.phpは、single.phpと同じディレクトリに置きます。
ちなみに私の場合は、子テーマを作っていて、ディレクトリは
「/themes/stinger5Ladyver20141023-child」となってます。

まとめ

リツイートなどで流れてきた記事を、誰が書いたのか意識しないで読んで、「おもしろかったな~」ってときに、そこに「書いた人情報」あるとよいのですよね。
「おもしろくない」ってときも、それはそれで「誰が書いたのかな?」って思いますし、ユーザーとしてブログを訪問していたら、「記事下の書いた人情報」は必須だなって思ったので、カスタマイズしてみました。

とりあえずシェアボタンの下に置いてみたけど、様子を見ながら、良い位置を探っていこうと思っています。そのために、別ファイル呼び出し型にしました。サイドバーや固定ページやいろんなところに何回でも置けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
書いてる人 さらさらり
お里湯さんのひよこ|ぴよたそ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。