プラグイン【AddQuicktag】Gush2説明書に合わせて、ボタンの設定をしてみました。設定ファイル、よければ使ってね。

   2015/04/13

Gush2説明書「見出し、引用、文字装飾、リスト、動画像等のCSS初期設定とサンプル」に合わせて、プラグインAddQuicktagの設定をしてみました。

けっこう面倒なので、「後で」とも思ったのですが、「きちんとタグを使わないとSEO的に損しちゃうんだな」と思ったから、先にボタンを作って、タグをちゃんと使う癖をつけようと思ったのです。
参考:「WordPress初心者に知っておいてもらいたい本当はシンプルなSEOの話
 

WordPress投稿画面の表示見本

投稿画面のボタンはこんな感じです。
投稿画面のエディタのボタン|AddQuicktag|WordPressプラグイン
Gush2説明書に合わせたボタンの他に、プラグイン「Browser shot」用の[b-shot]、[左寄せ][中央寄せ][右寄せ]を作ってます。
ブラウザ幅1280で、プラグイン「Crayon Syntax Highlighter」を入れていると、いい感じのボタン配置になります。

マウスオーバーで、タグのヒントを表示します。
リストや表は、久しぶりに使うとタグの付け方を忘れていたりするので、思い出せるようにしてみました。
投稿画面のエディタのボタン マウスオーバーの表示例|AddQuicktag|WordPressプラグイン

AddQuicktag設定ファイルダウンロード

よろしければお使いください。

addquicktag.-04-05-2015.json サイズ:8.0 KB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
書いてる人 さらさらり
お里湯さんのひよこ|ぴよたそ

コメント一覧

  1. […] プラグイン「AddQuicktag」 Gush2説明書に合わせて、ボタンの設定をしてみました。設定ファイル、よければ使ってね。 | さらさらぶろぐ. […]

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。